このホームページは足のむくみでお悩みの方に役立つ情報をまとめています。

足のむくみといっても人によって、その症状の度合いも様々です。立ち仕事で夕方になるとふくらはぎがむくむという人や、理由は良くわからないがふくらはぎだけでなく足首、足の甲までぱんぱんにむくんで靴も履けなくて困っている人など。生活習慣や環境による一過性の足のむくみもあれば、肝臓や腎臓、心臓などの病気などが原因による慢性的な足のむくみもあります。

一過性の足のむくみにしても慢性的な足のむくみにしても、血液やリンパ液の流れが悪くなり代謝がうまくいかないことで老廃物が排出できずにリンパにたまっている状態がむくみとなります。

その理由が単に食生活や運動不足、また、立ち仕事やデスクワークなどの生活習慣によるものか、腎臓や肝臓、心臓などの内臓の機能低下や病気が原因なのかで、足のむくみの予防や解消法も変わってきます。

ですので、まずは自分が足がむくんでしまう理由は何かを知り、自分にあった予防法、解消法を見つけてしっかりケアしてほしいと思います。





足のむくみの原因

足のむくみの原因
それでは足がむくむ原因にはどんなものがあるのでしょう。

  1. 長時間同じ姿勢により足がむくむ(立ち仕事、デスクワーク)
  2. 血流を悪くする生活で足がむくむ(冷えや運動不足)
  3. 水分や塩分、アルコールの取り過ぎで足がむくむ
  4. 衣類や靴による締め付けも足のむくみの原因に(太ももの付け根などのリンパ節を締め付ける)
  5. 病気や怪我による足のむくみ
  6. 薬の副作用による足のむくみ
  7. 加齢や身体の変化に伴う足のむくみ

これらが足がむくむ理由として多く上げれらます。

1~4に関してはこちらの「足のむくみの原因」の記事でもう少し詳しく説明しています。

病気が原因による足のむくみ

足のむくみが慢性的にある。痛みを伴う。ふくらはぎに血管が浮き出ているなど。むくみは病気の症状としてもでることがあります。むくみは健康な人にも普通に起こる体の変化ですが、体の不調のサインでもありますからむくみが気になる場合は、病院で診察してもらいましょう。

病気が原因の場合のむくみは、病気を治すのが一番のむくみの解消法ですから、むくみがひどい場合は自分で判断せず適切な治療をうけ、医師の指導の下、むくみの対策を行いましょう。

足がむくむ代表的な病気には下記のようなものがあります。

リンパ浮腫

むくみが起こる代表的な病気にリンパ浮腫があります。
リンパ浮腫は、リンパ液の流れが悪くなり、組織間質内に水分などがたまり、それによって慢性的にむくむ状態をいいます。
リンパ浮腫についてはこちらの「リンパ浮腫」の記事でもう少し詳しく説明しています。

静脈瘤(下肢静脈瘤)

静脈瘤下肢静脈瘤はふくらはぎに虫がはっているように血管が浮き出る症状が特徴的です。下肢静脈瘤になると、むくみやだるさ、痛みがでたり、足が疲れる、足が攣るといった症状もあるようです。
静脈瘤についてはこちらの「むくみと静脈瘤」の記事でもう少し詳しく説明しています。

腎臓病

腎臓病腎臓とむくみは、非常に深い関係性があります。なぜなら腎臓は体内の老廃物の排出や体内の水分やナトリウム、カリウムといったもののバランスを調節しているからです。腎臓病までいかなくても、腎臓の機能が低下しむくみが出やすいという方もいます。
腎臓病についてはこちらの「むくみと腎臓病」の記事でもう少し詳しく説明しています。

肝臓病(肝硬変)

肝臓機能の低下や肝硬変など肝臓の病気の症状としてむくみがでることがあります。これはアルブミンという物質が大きく関係しています。アルブミンは栄養素を運んだり血管の水分の出入りを調節する成分です。このアルブミンは食品に含まれるたんぱく質から肝臓で合成され腎臓でろ過されます。そのため、肝臓や腎臓の機能低下、障害によりアルブミンの量が減るとむくみが症状としてあらわれることがあります。肝臓病とむくみについては「肝臓障害とむくみ」の記事でもう少し詳しく説明しています。

心臓病(心不全)

むくみは血液やリンパの流れが悪くなることでおきます。心臓は全身に血液を送る大元のポンプですから、当然心臓の機能が低下することにより血液の流れは悪くなり、むくみが起きやすくなります。特に足は心臓から離れているだけにむくみやすくなります。逆に足のむくみから心不全などの病気の発見につながることもあるので、なかなか取れない足のむくみは腎臓や肝臓の病気だけでなく心臓病の事も視野に入れて診察をしてみましょう。
心臓病についてはこちらの「心臓病(心不全)とむくみ」の記事でもう少し詳しく説明しています。

糖尿病

糖尿病もむくみの症状が出る病気の中で良く挙げられる疾患の一つです。やはり、糖尿病も血糖値が上がることにより血液の状態が悪くなり、血行不良からむくみの症状が現れます。また、糖尿病の合併症に腎疾患もあるため、腎臓病が併発することにより先ほど書いたアルブミンの働きなども悪くなり、むくみがより起きやすくなります。
糖尿病についてはこちらの「むくみと糖尿病」の記事でもう少し詳しく説明しています。

甲状腺機能低下症とむくみ

甲状腺は代謝に関わる大きな働きをしているホルモンを司る臓器です。そのため、甲状腺の機能が低下することによりむくみも生じやすくなります。甲状腺機能低下症のむくみには特徴があり「粘液水腫」といい、水分が貯まっている感じではなく、指で皮膚を押して凹ませてもすぐに元に戻ります。また、朝起きた時に手や顔がこわばったようになります。足のむくみだけでなく全身がむくむのも特徴です。特に30〜40代の女性に多くみられる病気です。
甲状腺機能低下症についてはこちらの「甲状腺機能低下症とむくみ」の記事でもう少し詳しく説明しています。

突発性浮腫(ふしゅ)について

原因がわからないのに一定の期間繰り返しむくみが出ると突発性浮腫と診断されることがあります。むくみが出る箇所は、手足だけでなく顔やお腹にも現れ、体重が2~3kg増えることもあります。突発性浮腫は20~50代の女性に多くみられ、生理前に症状が重くなることからホルモンが関係しているのではないかという説もありますが、いまだに原因ははっきりしていません。こちらの「突発性浮腫について」の記事でもう少し詳しく説明しています。

加齢や身体の変化に伴う足のむくみ

病気などが原因でなくても年齢や身体の変化にともない足がむくみやすくなることがあります。女性の場合、生理や妊娠中、産後などにむくみやすくなることがあります。また加齢により代謝が落ちることで若い人よりもむくみやすくなります。骨折などのケガが原因でむくむということあります。

高齢者の足のむくみ

高齢者若い人に比べると老人の方が足がむくみやすい人が多くいます。これは加齢により新陳代謝が低下することや若いころと比べて身体を動かす機会が減ることも関係しています。身体を動かさない状態が続く、特に歩く機会が減るとふくらはぎの筋肉がおとろえ、血液循環に必要なポンプの機能がきちんと働かなくなってしまいます。足のむくみで悩んでいる人全般に言えることですが、高齢者の足のむくみ対策にはいかにして血行を良くするかが重要になってきます。
高齢者の足のむくみについてはこちらの「高齢者の足のむくみの原因と対策」の記事でもう少し詳しく説明しています。

妊娠中の足のむくみ

妊婦妊娠中のむくみは、妊婦さん全体の30%という大変高い率で起こっているものです。むくみというと妊娠後期に目立っている印象だったのですが、最近では妊娠後期だけでなく、妊娠初期や妊娠中期にむくみが起こる妊婦さんも増えているようです。妊娠中に足がむくむのは女性ホルモンの影響があります。また、働く妊婦さんが増えたことはもちろん、冷え性なども関係しているのでしょう。
妊娠中の足のむくみついてはこちらの「妊娠中の足のむくみの原因と対策」の記事でもう少し詳しく説明しています。

産後の足のむくみ

妊娠中だけでなく、産後も足がむくむことで悩む方も多くいます。これはホルモンのバランスだけでなく、出産による水分バランスの変化や授乳が影響するとも言われています。また、産後は体を動かすことがなかなかできないことから運動不足もむくみやすくなる原因として挙げられます。産後の足のむくみについてはこちらの「産後の足のむくみ」の記事でももう少し詳しく説明しています。

足のむくみと生理

妊娠や出産を経験していなくても、むくみは冷え性と並んで女性のほとんどが悩んでいるといってもいいくらい、つらい思いをしている人が多い症状です。特に生理前になるとむくみやすく、ひどくなると痛みが出る場合もあります。これは妊娠中に足がむくむのと同様に女性ホルモンが関係しているためです。生理とむくみについてはこちらの「足のむくみと生理」の記事でもう少し詳しく説明しています。

骨折とむくみ

ケガが原因でむくみが起きることもあります。大抵の骨折ではむくみがあらわれます。このむくみが引くまでには個人差はありますが、六週間から数ヶ月かかるといわれています。こちらの「骨折後のむくみ」でもう少し詳しく説明しています。

薬の副作用による足のむくみ

薬の副作用で足がむくむこともあります。これは『薬剤性腎障害』といい、むくみだけではなく、多尿、頻尿、咽が異常に渇く、全身倦怠感、食欲不振などの症状があらわれることもあります。また、アレルギー反応によりむくみがおきることもあります。薬を飲んでむくみが起きた場合には自分で市販薬を購入し服用した場合と、医師から処方されて服用した場合とで対処の仕方が変わってきます。病気の種類によっては、むくみの副作用があっても継続して薬を内服するように言われることもあります。むくみよりも病気の治療として内服を続けることのほうが重要になる場合もあるからです。薬の副作用によるむくみについてはこちらの「薬の副作用とむくみ」をご覧ください。



足のむくみを取る方法

足がむくむ原因は上記のように様々な要因があります。このHPでは主に病気などが原因の慢性的な足のむくみではなく、生活習慣などが原因による足のむくみを、日常生活の中でなるべく簡単にできる足のむくみ予防法や解消法を紹介していきたいと思います。
病気など特定な要因がある慢性的なむくみでなければ、しっかりセルフケアを行うことで足のむくみは予防も改善もできるはずです。

オフィスでできる足のむくみを取る方法

office一日の大半を職場で過ごす社会人にとっては仕事の関係で足がむくんでしまうという方も多くいます。立ち仕事だけでなく、座りっぱなしのデスクワークも足のむくみの原因となります。しかし、休憩時間を使ってストレッチをしたり、座りながらでも足裏を刺激したり、ちょっとした足のむくみ解消グッズを上手に使用することで足のむくみの予防や改善に役立ちます。立ち仕事だから、デスクワークだから足がむくむのはしょうがないと考えるのではなく、ちょっとした対策を行い足のむくみの予防しましょう。
オフィスでできる足のむくみを取る方法についてはこちらの「オフィスでできる足のむくみを取る方法」の記事をご覧ください。

足のむくみにオススメの漢方

kanpo漢方では、身体の余分な水分がきちんと排出されていない状態を「水毒」と呼びます。
水毒は、足のむくみだけにとどまらず、「冷え」や「だるさ」、「疲れやすさ」、やる気の消失などさまざまな不調を招きます。むくみの悩みを抱えている人の中には、「冷え」や「だるさ」、「疲れやすさ」など、いくつもの体の不調を抱えている人も少なくありません。そのような「なんとなく調子が悪い」という人には、足のむくみだけの改善を考えるより、体全体の不調を改善していくことで、その結果足のむくみも解消していくと考えた方が良いかもしれません。そのためには生活習慣全般を見直す必要もありますが、漢方を活用するのも大変効果的です。
足のむくみにオススメの漢方についてはこちらの「足のむくみにオススメの漢方」をご覧ください。

サプリメントで足のむくみ対策

supplement外食がする機会が多かったり、好き嫌いが多く食事のバランスが悪いなど自分ではわかっているけど、なかなか食生活を改善出来ないという方はサプリメントを活用するのも良いと思います。むくみの原因は血行不良と水分代謝がうまくいっていないことですから、血行を良くする成分を含むサプリメントやカリウムを含むサプリメントなどがおすすめです。メリロートというハーブも足のむくみ解消に役立つハーブとして注目されているようです。ただ、サプリメントはあくまでも補助的なものなので、サプリメントだけに頼らず、食事や運動、環境を整て足のむくみ対策を行いましょう。
足のむくみにオススメのサプリメントについてはこちらの「サプリメントでむくみ対策」をご覧ください。

足のむくみに良い食べ物

一般的にむくみに関しては、塩分の摂取を控えめにする食生活が大切といわれています。これは血液中の塩分濃度が上がることがむくみの原因にもつながってくるからです。日頃から濃い味が好みで塩分を多く取りすぎているなと感じている方で足のむくみで悩んでいるなら、塩分の排出効果の高い食品やカリウムを多く含んだ食品を積極的に摂ることが足のむくみの予防に役立つはずです。

カリウムを多く含む食べ物

  • バナナfood
  • キウイ
  • アボカド
  • りんごなど

他にも利尿作用のある食べ物や飲み物、ビタミンB1を多く含む食品はむくみ予防に役立つと言われています。
足のむくみに良い食べ物についてはこちらの「足のむくみに良い食べ物」をご覧ください。

足のむくみ解消に効果が期待できるツボ

足のツボを刺激することによって、血液がスムーズに流れるようになります。足にあるたくさんのツボの中でも足のむくみの予防や足のむくみの解消に効果が期待できるツボには下記のようなものがあります。

足のむくみ解消に役立つツボ

  • 湧泉(ゆうせん)
  • 足心(そくしん)
  • 水泉(すいせん)
  • 委中(いちゅう)
  • 三陰交(さんいんこう)

などがあります。ツボ押しは場所さえ覚えれば簡単にできるので、仕事の合間やテレビをみながらなど空いた時間にできるのが良いですね。

こちらの「足のむくみ解消に効果が期待できるツボ」でツボの位置や押し方など、動画を紹介しながら説明しています。

お風呂が足のむくみに良い理由

bathお風呂に入ることは、足のむくみを取る方法としても非常に効果があります。その理由としてはまず第一に入浴することで体が温まりますので、血行が良くなります。次に汗をかくことによって体の中にたまった老廃物を排出してくれます。また、入浴がむくみ解消に効果的な理由として、水圧と浮力も関係しています。水の圧力は体の表面だけではなく、体の中の血管にも加わるので手足にたまっている血液が押し戻されて、血液やリンパの流れが良くなります。忙しいからといってシャワーだけで済ませるのではなく、足のむくみで悩んでいる方は一日を疲れをしっかりお風呂に入ってとりましょう。
お風呂が足のむくみに良い理由や、足のむくみ解消効果的な入浴方法についてはこちらの「お風呂が足のむくみに良い理由」もう少し詳しく紹介しています。

足のむくみに予防対策にストレッチ

stretching適度な運動は足のむくみを取るのにも非常に効果的です。ただ、忙しくてなかなか運動が出来ないという方も多いでしょう。そんな方には寝る前や休憩時間にちょっとできるストレッチがオススメです。特にふくらはぎは下に下がった血液を上に押し戻すポンプの働きをする筋肉なので、ふくらはぎのストレッチをすることによってふくらはぎの血行も良くなり足のむくみを取るのに役立ちます。空いた時間につま先立ちをするなどふくらはぎの筋肉が収縮するのを意識しながら行うだけでも効果的です。

足のむくみ予防のストレッチについてはこちらの「足のむくみに予防対策にストレッチ」で動画など紹介しながらもう少し詳しく説明しています。

マッサージで足のむくみをとる

足のむくみで悩んでいる人でマッサージに通う方も多いでしょう。足のむくみに効果的なマッサージにはリンパドレナージュ(リンパマッサージ)やリフレクソロジー(足裏マッサージ)などが有名です。金銭的に余裕があればプロにマッサージをしてもらうのもいいでしょう。また、最近ではマッサージの本やDVD、youtubeなどで自分でもできる足のむくみを取るマッサージの仕方など紹介していますから、そういったものを参考にしながら自宅でもマッサージをしてみてはどうでしょう。

こちらの「マッサージで足のむくみをとる」では自宅でできるマッサージについてもう少し詳しく説明しています。



むくみについて気になること

このHPでは足のむくみの原因や解消法だけでなく、むくみに関する気になることも取り上げています。気になるトピックがありましたら、是非そちらの記事もご覧ください。

むくみとは?

そもそもむくみとは体の中でどういった現象が起きているのでしょうか?少し詳しく知ることで自分の足のむくみ解消に役立つヒントが見つかるかもしれません。

足のむくみと頻尿

足のむくみと頻尿にはどちらも体内の水分の排出が関係しています。足のむくみと頻尿が気になる方はご覧ください。

むくみとエコノミー症候群

普段は足のむくみなど全然なったことがないのに、飛行機に乗った時や夜行バスなどの長距離バスや長時間の車や電車での移動で足がむくんだという経験をしたことがある方もいると思います。エコノミー症候群はひどい場合死に至ることもあります。むくみだけなく旅行など良く行く方は一般的な知識として知っておいて方がいいかもしれません。

むくみとセルライト

むくみと肥満、判断が難しい場合もありますよね。最近よく聞くセルライトはむくみとは違うの?そんなむくみとセルライトの違いについて説明しています。

足のむくみとダイエット

ここではいわゆる脚やせダイエットの方法ではなく、ダイエットをしたことにより足がむくんでしまう場合があり、その理由について説明しています。足がむくんでしまうようなダイエットは無理なダイエットであり、不健康なダイエットでもあります。ダイエットをしたら足がむくんでしまったという方は参考にしてみてください。

痛みを伴うむくみについて

ただむくむというだけではなく、痛みを感じることが多くなった場合には注意が必要となります。しっかりと休養をとり、むくんだ箇所を優しくケアしてもむくみも痛みも解消されない状態が継続する場合には病気が隠れているケースがあります。

おススメ!足のむくみ解消グッズ

【1週間無料お試し】遠赤外線フリーバンド

300x250

足のむくみでお悩みの方に1週間無料お試し!

効果を実感できなければ返品OK!遠赤外線効果で足首にある冷えやむくみに効果のある三陰交を温めてくれます。 世界11ヶ国で特許取得の遠赤外線繊維「ファーベストファイバー」を100%使用! 繊維1本1本に遠赤外線を効率よく放射する素材が練りこまれているので洗っても遠赤外線の効果は落ちません。 遠赤外線効果は半永久的だから1度購入してしまえば長く使用できます。 しかも2つ一組で定価2,200円~2,800円(税別)と大変リーズナブルなお値段です!

Matty式マッサージが自宅でできる! 脂肪とり! むくみとり! こりとり! 解毒棒

自分の手でマッサージをしても気持ちよくない。全然やせない。 足ツボを押すと、指が痛くなる……。 そんな方のために開発したのが、特製「解毒棒」です。 この「解毒棒」は、カリスマ足ツボ師・Mattyの手のカーブや関節の形を忠実に再現した、今までにない形状のマッサージ&ツボ押し棒です。 この棒があれば、誰でもテクニックいらずで、Mattyの施術を受けているかのようなマッサージとツボ押しが可能。体に溜まった脂肪や老廃物を効果的に押し出すので、むくみや冷えの改善、こりの解消、美ボディづくりに役立ちます。

1日3分足裏を揉みほぐし健康的スリムな下半身に「フットジェンヌ」

青竹ふみ感覚の足裏健康法 20年以上に渡り、宝塚や舞台女優を演じてきた初嶺さんが考案の毎日踏むだけで足裏ケアが簡単にできる。 足裏刺激と重心バランストレーニングで健康スリムな下半身に、カギは足裏のほぐしと重心バランスだった。 特殊形状と適度な弾力が乗るだけで足裏を揉みほぐします。 指開きも行うので今まで使っていなかった足裏が目覚める体感が得られます。

Copyright© 足のむくみを取る方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.