足のむくみを取る方法

足のむくみにおススメの漢方

投稿日:3月 21, 2016 更新日:

kanpo
むくみの悩みを抱えている人の中には、「冷え」や「だるさ」、「疲れやすさ」など、いくつもの体の不調を抱えている人も少なくありません。

そのような「なんとなく調子が悪い」という人には、漢方での対策がおすすめです。

漢方でむくみを取るだけなく身体全体の調子を整える

基本的に、漢方は西洋医学とは違って即効性はありません。

あくまでも身体全体のバランスを整えることを目的としている漢方ですから、ゆっくりと人間の身体に作用していきます。

もともと備わっている抵抗力や自然治癒力を高め、体全体の調子を上げて行こうとする医学です。

根本的に身体の不調を改善していきたいと考えている人におすすめです。

漢方では、身体の余分な水分がきちんと排出されていない状態を「水毒」と呼びます。

水毒は、足のむくみだけにとどまらず、だるさ、疲れやすさ、やる気の消失などさまざまな不調を招きます。

そして、体に余分な水分が溜まることによって、冷えまでも招いてしまうのです。

このような冷えや水毒に良いとされる漢方には下記のようなものがあります。




むくみに良い漢方 当帰芍薬散

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、冷え性の方などには馴染みのある漢方でしょう。

むくみや冷え性、貧血などに対して効能が期待できます。

むくみに良い漢方 桂枝加苓朮附湯

桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)は、冷えによるむくみに効能があるほか、関節に水が溜まり、腫れや痛みがある場合などに用いられます。

むくみに良い漢方 五苓散

五苓散(ごれいさん)は、むくみの症状やのどの渇き、尿量の減少などが見られた場合に用いられます。

むくみに良い漢方 八味地黄丸

八味地黄丸(はちみぢおうがん)は、冷えに効能のある漢方薬として有名です。ただ、体力が衰えている人向きの漢方になります。

そのため、体力があり暑がりやのぼせやすい人には不向きな漢方です。

胃腸が弱い人も注意しましょう。

むくみに良い漢方 茵陳五苓散

茵陳五苓散(いんちんごれいさん)には、水分の巡りをスムーズにする生薬が含まれています。

そのため、むくみに効能のある漢方として知られています。肝機能や腎臓などと関係した症状に期待できる茵陳蒿が含まれていますので、むくみ以外では黄疸において期待のできる漢方でもあります。

むくみに良い漢方 牛車腎気丸

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)は、体力をつけ、体内の水分の巡りをよくするために使われる漢方になります。

足腰が冷えてしまう人や痛みを感じている人、夜間の頻尿や多尿に悩んでいる人、逆に尿量が減少している人にも効能が期待できる漢方となっています。

こういった泌尿器系トラブルはもちろん、足のむくみやかすみ目などにも効能が期待できる非常に魅力的な漢方です。

漢方は基本的にその人その人の体質や体調に合わせて処方するものです。

そのため、漢方を使う場合には薬局や漢方の専門医によく相談して自分に合う漢方を処方してもらいましょう。

ドラッグストアやインターネットショッピングなどで漢方を購入することもできますが、買った後で体に合わなかったということもあります。

素人が自己判断をしてしまっては逆に症状が悪化してしまうこともありますので、まずは薬局や専門医に相談することです。

また、漢方は合う人と合わない人が出てくるものです。

他の人には効果的だったけど、自分には効果が感じられなかったということもあるでしょう。

漢方を飲んだことによって体調に異変が起こった場合には、すぐに漢方を飲むのをやめましょう。

1週間で足のむくみがとれなければ返品OK!遠赤外線フリーバンド

336x

336x

-足のむくみを取る方法

Copyright© 足のむくみを取る方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.